スポンサーサイト

  • 2008.03.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プロジェクトの始め方。

こんにちは、優也です^^



今日から、先日取れた案件がスタートしました。

プロジェクト期間スタート、ですね。


といっても、今日はお客様と


「これからこんな目的で、こんな手順で、こんなアウトプットを出すために協力して作業してきましょう」


と意識あわせをするキックオフミーティングの日だったので、その準備資料に関しては、一昨日から作り始めてたんですけどね^^b


この、キックオフミーティング、プロジェクトマネジメントの観点からはすっごい大事なんですよね

ここできっちり作業内容やアウトプットに合意を取っておくことで、後々プロジェクト負荷がふくれあがるのを未然に防げるから、なんです。


あ、今日の出来は上々でしたよ♪ 今回のプロジェクト、ちょっと忙しいかもしれませんが、上手くいきそうです。




ちなみに、今回のプロジェクトは、私は大体自分の持ち時間のうち、半分くらいを使って関わっていくことになりそうです(50%アサイン、とかって言います)。

これはなぜかというと、

「マネジャーは一つの案件だけ回してればいいってもんじゃない」

からなんですね。ってか、これははっきりそう言われてるわけでもないんですが、実際の所は一年の間にプロジェクトが無い期間とかもあるんで、一度に2つくらいは回さないと、年間売上&現場マネジメント責任が果たせないんですよね^^;;


それと関連して、今私が営業かけている案件は他にもいくつかあって…

そっちも、現場に関わらないといけなさそうなんです(まだ取れるかどうかわかりませんけどね)。


そうすると、一つの案件に100%時間使っていられないんですよね。

だから、今回は50%アサイン


それでも、現場で何か問題が起これば全て私(と、最終責任者のボス)の責任になるわけですから…

マネジャー、やっぱり大変です--;;




あ、でも、良いこともあるんですよ?


「あ、俺今回50%アサインだから。」といって、部下をメインとして彼に仕事を回すことができる


ってことです(ぇぇー



…い、いやいや、これサボってるわけじゃないんですからね?


・部下にやらせても、お客様の満足を引き出すことができる(部下がそれだけの実力を持っている)

・部下に主体的にやらせることで、彼の成長を促す


というきちんとした目的があるんです。しかも、


「何か問題が起きたら(作業の遅延など)、必ずマネジャーの私が当該作業を引き取り、きちんと仕事を終わらせる」


という覚悟も完了していますしね。これは、現場責任者としてのマネジャーの義務ってやつです。


実際、このような仕事のさせかたをすることは、これが初めてじゃないですけど、結構「引き取り」、やってます(汗

まぁ…そういう意味では、メリハリはつくけど全体の仕事量としては、少し減るくらいですかね。



ともあれ、今日からプロジェクト期間が始まっちゃったので…


ちょっとまた忙しくなって、ネット活動が停滞気味になるかもしれません(大汗


ブログは必ず毎日、他のことも時間を見つけて少しずつ、進めて行くつもりですけどね^^






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。


本日の記事は如何でしたか?

よろしければコメントを頂ければ幸いです。


また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


マネジャー=補助輪。

こんにちは、優也です^^



昨日の評価関連の話題の続報です(といっても、みなさん待っていないでしょうけど(笑))


先ほど、彼の評価結果落とし込みのミーティングを実施してきました。


結果として、結構辛い評価になりましたので途中軽く凹んではいましたが、彼の自己評価以上に下げたわけでもないですし、概ねすんなりミーティングは終了。


今後の成長に向けた自らの課題についても、他人(私ですね)から言われることでよりシャープになったようで、最後は結構晴れ晴れとした顔をしていましたよ^^


鈴木さんと組めて良かったです、また組みたいです、と言ってくれたのが印象的でした^^


これ、結構嬉しいですよね(笑) プロフにも書いていますけど、私は「誰かの一方的な犠牲の下に成り立つ幸せ」が大嫌いな人間なので。


もちろん、誰にも迷惑をかけないで生きていくのなんて絶対的にムリなんですけど、それでもなるべく迷惑をかけないとか、相手に望んで迷惑をうけてもらう、とかは重要ですよね。


閑話休題。


これから先、彼は私とは違うマネジャーと組むことになるわけで、色々苦労することもあるでしょう。


自分で言うのもなんですが、私はかなり甘い人なんで(笑) 


-評価も甘め

-クオリティについても(最終的には自分で直せばいいので)結構甘め

-アウトプットさえ出せば時間管理についてもほぼ適当でOK

-自己育成に対しては惜しみなく手を貸す

-体力的精神力的にキツい仕事は最初から振らない

-ガイドを示して指示を出す

-一方で、ケースによっては相手が答えを自ら導くまでゆっくり待つ


などなど。


これ、一般的なファームのマネジャーの間逆と言っても良いです(笑)


「明日の午前中までにこれやっといて。」


とか前日の10時に指示出すとかザラですよ(苦笑


まぁ、丁寧にマネジメントすることで逆に弱くなっちゃう、というところは無いワケじゃないんですが、私としては


「私という補助輪を着けている間に、自分一人で走れるようになって貰う」


という風にいつも思って上記のようなマネジメントを行っていまし、そういうことだから早く一人で走れるようになってね、と常々言っています^^b



果たして彼は一人で走れるようになったか??



それは、次のプロジェクトが終わってみれば分かることでしょう。


とはいえ彼の仕事はこれからもずっと続いていくわけで…


次が無理だったとしても、きっと、近い内に一人で走れるようになれる、と確信していますけどね^^



ところで前にもした質問ですけど、貴方は部下に対してどういう風に接していますか? もし宜しければ後学のためにコメント頂ければ嬉しいです^^




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日の記事は如何でした? よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じてくれたら応援してくださいねm(__)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


課長に優しく。

こんにちは、優也です。



今日は休日なのでちょっとまったりした話題を。


数年前にコンサルティングファームのマネジャーになって、それまでと違った世界が見えてくるようになりました。

前職の頃はもちろん、ファームでもスタッフだった頃には考えもしなかった仕事の仕方、ものの見方、周囲との接し方が、「管理職」になると必要になるもんなんですね。

ファームのマネジャーというのは一般企業では大体「課長」にあたるんですよね。要は「管理職」のスタートの役職にあたります。


いわゆる「中間管理職」ですね(笑)


「中間管理職が社内で最も大変だ」

とか、

「中間管理職の悲哀」

とか、

「部下と上司の板挟み」

とか、

良く言われるじゃないですか? あれってホント当たってるんだなぁ、と最近とみに実感してます(苦笑)


このブログをお読みの方が管理職の方なのか、スタッフ層の方なのかはわかりませんが、スタッフ層の方に向けて一言言いたいことがあります。


課長は大事にしてあげてください(ぇー


…いえ、課長職ってホント色々大変なんです。会社/部門の運営、課の運営計画立案/推進管理、同・業務推進そのもの、上司への報告、部下の評価・育成、部下の精神面/技術面でのケア、etc.etc.…

それに加えて自己研鑽や、営業活動にも励まないといけないですしね(ファームのマネジャーは営業マンを兼ねています。スタッフ層はちょこちょこ手伝うだけ)。


「部下」だったころは、基本的に「与えられた仕事をきっちりこなす」ことが出来れば良かったんですが、「上司」になるとそうはいかないわけです。


まだ「部下」だった当時、「コンサルティングサービス」そのものに対してバリューを余り出せていなかったり、部下に対する指示出しや推進管理がいい加減なマネジャーを、思いっ切り軽蔑していたんですが…


実際自分がマネジャーになってみると、そればっかりやってればいいってわけじゃないことを思い知らされました。


もちろん、本来のコンサルティングサービス業務をおろそかにして、管理業務もあったもんじゃないわけですが…私がもうちょっと視野が広かったら、もうちょっと別の接し方があった気がしてます。

そうしていたら、もっと当時の上司と良い関係で仕事ができていたでしょうし、コンサルティングサービスのアウトプットも良いものになっていただろうな、と思うんですよね。



ぇー……優也が何を言いたいのか見えなくなってきていますか?

別にいつも部下に冷たく接せられているからここでグチっているわけでは決してないんですよ(笑)


つまり、こういうことなんです。


「自分よりワンランク上、ツーランク上の視点を持つことは非常に重要だ」


とはいえ実際、スタッフ層が課長以上の視点を完全に持つ、なんて無理なんですけどね。

ただ、想像することはできます。


「課長は何を考えてこういう風に指示を出したんだろう」というように、思いを馳せてみましょう。


そうすることで、間違いなくより良い関係の中で、より良い仕事ができるようになります。



まぁ、これは上司⇔部下の関係に限ったことではないですけどね(笑) 相手の立場で物を考える…人間関係の基本の一つですけど、中々実践できないもののうちの一つだと思います。



優也はそういうのをここ数年、そういうことを凄く重要視するようにしていますよ。



皆さんは「相手の立場」や「相手の考え」を頭の片隅において、上司や、周囲の人と接していますか?



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日の記事は如何でした? よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じてくれたら応援してくださいねm(__)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「マネジメント」のキーポイント。

こんにちは、優也です^^


いよいよ今手がけているプロジェクトの最終報告が明日に迫ってきました。

問題となっていたデータの分析についても一定の目処が付き、どうやら明日の報告会はなんとか乗り切れそうです^^


今のプロジェクトチームは既に足かけ2プロジェクト、期間にして5ヶ月間一緒に過ごしてきたわけですが、色んな意味で私にとっては勉強になる期間でした。

特に、「マネジメントとは」というものを深く考えさせられるプロジェクトだったと感じています。改革の施策として「マネジメント改革」を強く打ち出しているから、ということもありますが、それと絡んで私や社内のマネジメントというものの問題点というものがずいぶん浮き彫りになったのかな、と思っています。


そのうち、昨日お話した内容は「マネジメントのレイヤーをどこまで引き下げるべきなのか」というマクロ/マイクロマネジメントについてお話したわけですが、今日はマネジメントの中でも部下とどのように接するべきか、単純に言うと「部下にどうやって気持ちよく仕事をしてもらうか」ということについて書きたいと思います。

実は、私はこの点を非常に重視しているんですよね。


で、キーポイントは一点。

「マネジメント対象が、マネジメントされたいように、マネジメントする」

です。


え? 禅問答的でよく分からないですか?(笑)


では、これから分かり易く説明します。

皆さんは昔、幼稚園や小学校の頃、


「自分がやられて嫌なことは人にはしてはいけません。自分がしてもらって嬉しいことを人にしなさい」


と教わりませんでしたか? ここに、解に到達するカギが隠されています。

この教えには、子供の世界ならではの以下の前提が含まれているのです。

「自分が望むこと=相手が望むこと」


子供の頃は大人ほど欲求が多様化していません。だから、この公式が成り立つわけです。

すなわち、この教えはこう読み替えることができます。


「相手がやられて嫌なことは人にはしてはいけません。相手がしてもらって嬉しいことを人にしなさい」


そして、むしろこの教えが真の人付き合いのポイントを表しているわけです。


ところが、私たち大人、それにサラリーマンが生きている世界は欲求が多様化していますので、「自分が望むこと≠相手が望むこと」である場合が多いのです。


100人の人が居たら、望みは100通りある。


直感的に分かって頂けますか? それなのに、人は「自分が望むこと」を「相手も望むだろう」と思ってしまうのです。不思議なものですね。幼稚園の頃の教えがそのまま組み込まれて居るんでしょうか?


ともあれその結果、人が望まないように人に接してしまう、つまり「上司/同僚/部下が望まないように上司/同僚/部下に接してしまう」上司のなんと多いことか。



「もっと信頼して仕事を任せて欲しいのにどうして内の上司はいちいちいちいち口を出してくるんだろう?」

「会社の人達と深く関わるのなんてめんどくさい。会社だけの付き合いでいいのに、今日も飲みに誘われちゃったよ」

「『あ、その資料ズバッとやっといて』なんていう指示でわかるわけないだろ! 最低仕事の目的や方向性、出来ればアドバイスくらい貰えたらいいんだけどなぁ」



みなさんも一度くらいこんなことを思ったことはあるんじゃないでしょうか?

私は結構思っていましたよ(笑)



で、これは「上司は大抵『自分が指示を出されたいように』部下に指示を出している」ことから起きているわけです。


では


「上司が『部下が指示を出されたいように』部下に指示を出す」

                =(イコール)

「マネジメント対象が、マネジメントされたいように、マネジメントする」



には、どうすればいいのか?


先ほどの「教え」を思い出してください。概ね次のようなステップで認識や行動を改革しましょう。


1.まず、「自分がして欲しいように相手と接する」という意識を完全に捨てる。

2.周囲に居る人、特に自分の部下や上司、仕事上の接点を持っている社内部門の人や顧客を良く観察する。相手はどのように接して欲しいタイプなのか?
  …例えば指示は細かいほうがいいのか? 粗い方がいいのか?
  …結論だけ伝えれば良いタイプか? 前提や理由もきっちり説明すべきか?
  …濃いコミュニケーションを望むタイプか? サラっとしたコミュニケーションが好きか?
  等々。

3.その観察結果に従って、相手毎に対する接し方を変える。つまり、「相手がして欲しいように相手と接する」という意識で行動する。
  …多少間違っていてもかまいません。相手と接するときに相手を良く見ましょう。違ったな、と思えば修正していけば良いんです。



これが自然とできるようになると、(これまでそれができていなかった)上司と部下との関係は劇的に改善されます。

もし出来ていなかったなぁ、と思う方が居たらぜひ試してみてください。


ちなみに、上司⇒部下だけでなく、逆の関係にも応用可能ですよ。




さて、みなさんはこれまで周囲に対してどのように接してきましたか? また、周囲からどのように接せられていましたか?? 

そして、その時どう思われましたか?

後学のために教えて貰えれば、とても嬉しいです^^




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日の記事は如何でしたか? よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じてくれたら応援してくださいねm(__)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



プロフィール
優也のアバター

名前:鈴木 優也(注:ビジネスネームです)
年齢:32歳
性別:男性
職業:某経営コンサルファームマネジャー
メールアドレス:you_ya@almond.ocn.ne.jp

一言:モットーは「みんなで幸せに」、というコンサルタントとしてめずらしいタイプ。クライアントも、部下も上司も、ついでに自分も幸せにしたい、とは欲張りですかね(笑)(あ、一番大事にしてるのは家族ですけど^^)

「全国のサラリーマンの皆さんへの『最強の仕事術』に関する情報発信を通じて、皆様に幸せになって頂く」活動を始めました。

題して「最強サラリーマン養成委員会」!
応援してくださいね^^b


◆詳しいプロフィールはこちら◆◇
【鈴木 優也】のメルマガ


◆【鈴木 優也】のメルマガ
【お陰様で、現在 約1900部です^^】
メルマガ登録・解除
現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

【ウィークリーまぐまぐ!ビジネス版 2007/04/02号 ■新作メールマガジン発行部数ベスト10@ビジネス 第2位獲得!】
…あなたは、「ビジネスのスキル」を上げたいと思っていらっしゃいますか?
…【経営コンサルタント達のビジネススキル】を盗みたいですか??
…某経営コンサルティングファームの現役マネジャーである私、【鈴木 優也】の発する情報を読み、実践していくことで、私のコンサルティング業務経験から得たスキル、テクニックなどの仕事術を身につけることができます! …全国のサラリーマンの皆様、必見です^^b
【鈴木 優也】の無料レポート

「【鈴木 優也】の『コンサルティングファーム流 魅力的なPowerpoint資料 驚速作成術 -応用編-』」
you_ya_sigoto_jutsu03.JPG
【メルぞう 総合新着50位、ビジネス・キャリア部門新着3位獲得!】

…読んだ人が「行動せずにはいられなくなる」、そんなPowerpoint資料を、作りたいと思いませんか? コンサルファームのコンサルタント達の「メッセージ性の強い資料を作成するための秘訣」を、現役コンサルマネジャー【鈴木 優也】があなたに丁寧に解説します。無料レポートをPowerpointで作られる方も必見!(こちらは応用編、「内容そのもののレベルアップ」に関するレポートです^^)

「【鈴木 優也】の『コンサルティングファーム流 魅力的なPowerpoint資料 驚速作成術 -基礎編-』」
you_ya_sigoto_jutsu02.jpg
<※他のメルマガに協賛登録されません>

【Xam 総合新着4位、ビジネス・キャリア部門新着1位、歴代3位獲得!】
【メルぞう 総合新着15位、ビジネス・キャリア部門新着1位獲得!】
【公開3日で約400人がダウンロードした、珠玉のレポです^^b】

…Powerpoint資料の作成スピード、上げたいと思いませんか? 魅力ある資料を作りたくありませんか?
コンサルファームのコンサルタント達の作成クォリティとスピードの秘訣を、現役コンサルマネジャー【鈴木 優也】があなたに丁寧に解説します。
無料レポートをPowerpointで作られる方も必見!(こちらは、作成スピードアップ中心の「基礎編」です^^b)

「【鈴木 優也】の『【無料】でWord/Powerpoint等 MS Office互換のソフトを手に入れる方法』」
you_ya_net_knowhow01.jpg
【メルぞう 総合新着40位、ビジネス・キャリア部門新着1位獲得!】
【無料情報.com 総合新着25位、ビジネス・キャリア部門新着1位獲得!】

…あなたは【Powerpoint】、そして【MS Office Professional】はお持ちですか? ハイパーリンクを挿入できるPDF作成ツールはどうでしょう? これらのMS製品と高い互換性を持つソフトウェアを、【無料】で手に入れる方法を、あなたにそっと教えます。無料レポート/特典をPowerpoint形式で作りたい方、必見です!

「【鈴木 優也】の『最低限の時間と労力で”良い仕事”が出来る、脅威の期待値調整テクニック』」
you_ya_sigoto_jutsu01.GIF
<※他のメルマガに協賛登録されません>

【Xam ビジネス・キャリア部門歴代8位獲得! 応援ありがとうございます^^】

…また今日も残業ですか? あなたはお客様や上司から「高く評価」されていますか?
「業務時間を削減し」「その上で尚、お客様や上司から高く評価され、喜んでいただける」ことができる仕事術【期待値調整テクニック】の実践方法を、あなたに丁寧に解説します。
忙しいサラリーマンの方、コンサル志望の方は必見です!


【鈴木 優也】のブログ(本宅)
実は、seesaaが本宅なんです(笑) http://business-tech.seesaa.net/ 宜しかったら、あちらもご覧下さいね。 カテゴリリストが見やすいです^^b
new entries
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM